人気教習所の合宿免許を最安値で取得しよう!
0120-727-066 受付時間:9:30~20:00

慣れてきた頃が1番危ない!初心者が起こしやすい事故と注意すべき運転のポイント

慣れてきた頃が1番危ない!初心者が起こしやすい事故と注意すべき運転のポイント

ある統計によると、初心者の事故率は通常の事故率の1.7倍にもなるそうです。

免許を取りたての頃は安全意識が高いため、運転そのものには慣れていなくても交通事故はあまり多くありません。しかし数カ月の経験を積み運転に慣れてくると、運転技術に対する過信が生まれてしまい、交通事故が起こりやすくなります。

今回は、初心者が起こしやすい事故と注意すべき運転のポイントについてご紹介します。



初心者に多い事故

初心者が起こしやすい事故として、「夜間の事故」があります。

夜間は昼間より交通量が少ないためスピードを出しやすい上に視認性が低くなり、事故が発生しやすくなります。また、「カーブにおける事故」「正面衝突」「工作物への衝突」が多いことも初心者の特徴です。スピードの出し過ぎや運転操作のミス、前方不注意などが事故の原因として考えられます。

「スピード違反」「信号無視」「脇見運転」も初心者の事故につながりやすいため注意してください。




初心者の運転の傾向

自動車教習所で、車の運転は「認知」「判断」「操作」の繰り返しだと教わります。

しかしそれでも、初心者の場合は特に「認知」「判断」「操作」におけるミスを犯してしまいます。

「認知」のミスは、運転中に目や耳から入るさまざまな情報を正しく選択できなかったり、情報量が多過ぎて処理し切れなかったりすることで起こります。

初心者は危険認知速度(危険だと感じる速度)が高く、ついスピードを出し過ぎてしまう傾向があるため注意が必要です。

運転経験が浅い初心者は、「判断」や「操作」のミスも少なくありません。

適切な判断や操作を行う能力は、運転開始から数カ月程度の状態ではまだあまり育っていないと考えてください。

自分がミスを犯す可能性があることをしっかりと認識した上で運転することが大切です。


初心者が注意すべき運転のポイント

初心者が特に意識すべき運転のポイントをいくつかご紹介します。


・夜間に運転する際は、視認性の悪さをしっかりと意識して、特にスピードを抑えるようにしましょう。

進行方向をしっかりと見ながら運転しましょう。そして時折ミラーを見て左右や後ろを確認します。

携帯電話などを運転中に確認することは絶対にやめてください。

自分の技術を過信せず、カーブではしっかりと減速しましょう。

・急いでいても無理をしないで、安全速度内で余裕のある運転を心掛けてください。

・車間距離を意識しましょう。時速50キロメートルで走行していたとしたら、50メートル以上は車間距離を取りましょう。

・車社会の一員であることを理解して、自己中心的な運転にならないようにしましょう。

例えば他の車が割り込んできたとしても損だと考えず、すぐに車間距離を空けることが大切です。

・相手に事故を起こさせないための意識を持ってください。

夕方には早めにライトを点灯する、右折・左折時や駐停車時はブレーキランプを何度か早めに点灯させて後続車に知らせる、ウインカーをきちんと出す、などの行動を心掛けましょう。


おわりに

免許証取得後の1年間のうち、最後の3カ月は最も事故率が高くなるといいます。

常に安全運転を実行して、習慣化することが大切です。

いわゆる初心者マークの期間を「初心運転者期間」といいます。初心運転者期間に違反点数が3点以上になると、「初心運転者講習」を受講しなければなりません。

何度も再講習を受けるようなことのないように、十分気をつけましょう。

今回は初心者の運転の危険な部分だけを取り上げてきましたが、実は交差点における出会いがしらの事故などは初心者よりもベテラン運転者の方が起こしやすいというデータもあります。

初心者マークが取れても慢心しないように、気を引き締めて運転しましょう。



カテゴリー

運転免許に関する豆知識の人気キーワード

最安値保証サービス
自動車学校検索
希望免許
地域
希望入校日
日から
日まで
MAX25,000円割引!
クレジットカードご利用OK
運転免許ローン
準中型者免許
道路交通法改正
運転免許にまつわる用語集
教育訓練給付金制度のご案内
お役立ち情報
自動車学校一覧
北海道/東北
北陸/甲信越
関東
東海
近畿
中国
四国
九州/沖縄
Copyright c 2019 合宿免許.com All rights reserved.